カンパニーラジオ(無線)

カンパニーラジオ(カンパニー無線)

航空無線といえば、英語で行われるイメージがあるかと思います。
ですが、日本語で交わされる無線があるのをご存知でしょうか?

それが「カンパニーラジオ」です。

<カンパニーラジオ(無線)とは?>

各航空会社が社内で使うものです。

アプローチやディパーチャーなど管制塔とやりとりする無線ではなく、
航空機と航空会社の運行管理部門との間で交わされる社内連絡用
無線です。

JALグループとANAグループとスカイマークのカンパニーラジオ
(無線)には「ターミナル」と「エンルート」というものがあり
ます。

「ターミナル」は空港で使われており、駐機中や離陸前に、空港
の天候などについてやりとりされます。アンテナは空港ビルの上
などにあります。
一方「エンルート」は航行中に使われます。アンテナは送受信所が
山の上などにあります。

管制塔とやりとりする航空管制も好きでよく聞きますが、
カンパニーラジオ(無線)は一味違うと感じます。

例えば、管制塔とやりとりするときは非常に短時間で
言葉短く早口です。ところがカンパニーラジオ(無線)は
一回あたりの交信時間が長いように感じます。さらに
「行ってきます」ということばなども聞こえ、より身近な
感じがします。

<カンパニーラジオ(無線)を聞くには?>
120MHz〜132MHzあたりをカバーしている受信機ならOKです。
モードはAMです。アンテナはハンディ機のホイップアンテナ
でも受信可能です。小さくとも屋外にアンテナがあればなお
良いですね。

<カンパニーラジオ(無線)の周波数>

以下にカンパニーラジオ(無線)の周波数を記します。

--------------------------------
JALグループ
ターミナル用周波数[MHz]
129.15 129.25 129.225 129.375
130.00 130.10 130.175 131.85
131.20 131.85 (RAC/129.8O)
エンルート用周波数[MHz]
121.95 128.50 128.925 129.15
130.25 131.90
--------------------------------
ANAグループ
ターミナル用周波数[MHz]
129.10 129.475 129.85 130.20
130.45 130.60
エンルート用周波数[MHz]
129.65 129.70
--------------------------------
北海道国際航空
122.425 123.675 129.10 129.85
--------------------------------
スカイマーク
ターミナル用周波数[MHz]
123.675
エンルート用周波数[MHz]
122.425
--------------------------------


| 航空無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。